ほんの少しの意識の違いで仕上がりが全く違ってしまうのが匠の世界。現場で20年間培われた今すぐ使える最新のスキルを公開中。

物置きを組み立てる時の最重要ポイント

インターネットやホームセンター等で入手出来る鋼鉄製物置き

取り扱い説明書を熟読すれば間違う事はありませんし、仮に間違ったとしてもネジ留めですから、ネジを外してやり直し出来ます。

但し、足元がちゃんと平らになっていないとネジ穴が合わない、戸が閉まらないなどの不具合が発生します。

そこでスキルと言うか組み立てのポイントをシェアさせて下さい。

先ず下枠の前後左右のフレームを組んで、四つ角にブロックを横向に並べます。

ここで水平器を使って水平にしていくんですが、ポイントが1つ。

1番低い場所を基準に水平を合わせて下さい。

高い部分は地面を削って基準ブロックに合わせ、低い場所は土を盛って合わせます。

そこでブロックを据え置く前に必ずブロックで地面を叩いて締め固めて下さい。

土は雨で流されたり、霜で持ち上げられたりしますから、しっかり締め固めましょう。

ブロックの下に土がしっかり入る様に、棒やハンマーの柄を使って突きます。

四つ角全て水平になればOK。

残りのブロックはブロックを脇から差し込んで先程の要領で固定します。

ここで注意する事は、ブロックを後から差し込んでフレームに密着させる事だけに意識を集中させ過ぎてフレームを持ち上げてしまいます。

ある程度上物を組んで重みを掛けた状態で作業する事をオススメします。

意外と簡単に決まる 埋め込みポストの交換術

ブロック1個分(w400×t200mm)の埋め込みポストの交換です。

ポストにも色々種類があり、表面が高さ100mmの口金タイプやブロック2本の大きなポストもあります。

最近はブロックで塀を作る家が少ない??所為か、壁掛け式や表札やポストなどがセットになった多機能柱(ファンクションポール)もありますね。

埋め込みポストは劣化した時、交換作業が面倒と思っている業者も多いと思いますが、安心して下さい。

埋め込みポストの交換は意外と簡単に出来ます。

先ずは、既存のポストに付いている部品を出来る限り外して下さい。

フレームだけの状態にしたら、手ハンマーで叩いて潰してポストを引き抜きます。

ポストはプラスチックやスチール製なので、セメントとの接着は弱いので意外と簡単に剥がれます。

リフォーム用のポストであれば、既存の穴にそのままの状態で裏側から差し込んでセット出来ます。

そうでない場合は、上下の水平直角を見て5~10mm程、サンダーや削りノミで穴を広げて下さい。

何度もポストを出し入れしますから、ポストの縁を養生テープを貼って傷を予防しましょう。

もし配線がある場合は、ポストを出し入れする時に邪魔になります。

15mm角で溝を掘って、配線の逃げ場を作っておきましょう。

逃げ場があると、ポストを差し込みながら配線をポストに入れる事が出来ます。

ポストの表面を30mm程度出た所で位置が決まったら、隙間に3~4ヶ所に小石などを挟みポストを動かなくします。

後は隙間にセメントやシリコンで埋めればOK。

セメントは水で溶かしたモノなどをゴム鏝で埋めればOKですが、固まるまでの養生時間が長いので、コンクリートやスチールと接着に強いシリコンをお勧めします。


DIYを3割り美しく見せる技術をメールマガジンとブログ記事で公開しています。

http://nbpiana.blog34.fc2.com/ ←プロ技公開サイト

http://www.mag2.com/m/0001678326.html ←週2回ペースで更新しているメルマガ

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨 長野 新潟 静岡 愛知 岐阜 三重 富山 石川 福井 滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 茨城 牛久 つくば 稲敷 阿見 守谷 取手 龍ヶ崎 利根 千葉 我孫子 印西 柏 浴室 お風呂場 住まい 修理 修繕 屋根 玄関 洗面所 廊下 駐車場 脱衣所 大工 塀 水廻り 水道 物置 トイレ 便所 雨樋 外部 内装 配管 張替え 張り替え ドア 交換 トタン ポスト エクステリア 外壁 塗り替え 塗替え 土間 車庫 DIY 打設 工事 作業 階段 バリアフリー 収納 インテリア 勝手口 リビング ダイニング 和室 台所 キッチン 刈り込み 剪定 伐採 アルミ メンテナンス 外回り 外構 基礎 サポート 雨 雪 風 庭 塗装 左官 見積もり 窓 スロープ 手すり フローリング CF ユニット 蛇口 サイディング シャワー コンクリート タイル ペンキ リフォーム カーポート ブロック 瓦 漆喰 フロアー コロニアル ポリカ ポリカーボネート ガルバ ガルバリウム ベランダ テラス モルタル セメント サッシ 雪止め フェンス スチール 門扉 アコーディオン ウォシュレット ストックヤード サンルーム ウッドデッキ雨漏り 雨戸 敷居 春 夏 秋 冬 除草 戸建 大家 借家 管理 カフェ 店舗 オーナー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月8月 9月 10月 11月 12月 GW 地震

ここさえ押さえておけば 簡単にDIY可能なスキル ドアノブ


シンプルなドアノブの交換方法としては、ドアノブと丸座の付け根部分に注目して下さい。

多くの場合、小さな穴が開いている場合が多いのです。

その穴に針の様なモノを指してノブを引き抜くか、ドアノブを外す為の曲尺手の工具があるので穴に引っ掛けて左に回します。

インテグラル錠や円筒錠などは付け根に穴が開いている事が多いです。

ドアノブの交換は基本的に同型の同種類のノブと交換するのが原則ですが、円筒錠からレバー錠に交換したい場合はドアの側面もしっかり確認して下さい。

シリンダーは箱型?それともチューブラ錠

施錠方法は?サムターンそれともプッシュボタン?

ドア端からドアノブの芯(バックセット)の長さは?

因みに、室内ドアが開かなくなって出られなくなる原因の1つは、シリンダー内の金具が折れてラッチボルトが動かなくなる事が多いです。

ラッチボルトを針金等で引っ掛けて凹ます事が出来ればドアは開きます。

ここを押さえておけば 絶対外さないスキル 蛇口編

これさえ押さえておけば誰でも簡単に出来るDIYスキル集です。

オーソドックスな象さんの様な形の蛇口、水栓の交換です。

ザックリですが水道はどうやって水を出し入れしているのか?

象の頭部分にある三角形の様なハンドルを時計回りに回すと芯(スピンドル)が蛇口の内部に侵入

そのスピンドルの先にはコマの様な形のケレップという部品があって、先端のゴムで蓋をする事によって水が止まります。

水漏れの主な原因は、ケレップの先端のゴムが劣化して蓋が出来ず吐水口からポタポタ水が垂れる場合や

スピンドル辺りから水が滲み出る、三角パッキンの劣化が多いです。

ハンドルが折れたとか、スピンドルが減ってガタガタ出るなどで水栓自体を交換する場合

水道メーターにあるコックを捻り水を止めるか、交換する蛇口の周辺に止水栓があればそこで止水して下さい。

蛇口を素手や工具(パイプレンチ)で反時計回りに回して外す際に、管の中から水が流れ出てきます。

止水した後に蛇口を解放して水を出し切ってから作業に入りましょう。

水栓のギザギザになっている、管に差し込む部分(ソケット)にシールテープを6回前後巻きます。

右へ回して蛇口を取り付けしますので、シールテープは反対の左巻きじゃないと剥がれてきます。

5~7回して壁に吸い付く様にピタっと固定出来る様に神経を集中して下さい。

曲がったと思って少しでも反対に戻したらアウト、漏水がしてきます。

水や電気は100%成功で無ければ使えなくなってしまいます。

面倒臭がらず、焦らず、作業して下さい。



DIYを3割り美しく見せる技術をメールマガジンとブログ記事で公開しています。

http://home-renovate-ssk.com←プロ技公開サイト

http://www.mag2.com/m/0001678326.html ←週2回ペースで更新しているメルマガ

北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨 長野 新潟 静岡 愛知 岐阜 三重 富山 石川 福井 滋賀 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 鳥取 島根 岡山 広島 山口 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 茨城 牛久 つくば 稲敷 阿見 守谷 取手 龍ヶ崎 利根 千葉 我孫子 印西 柏 浴室 お風呂場 住まい 修理 修繕 屋根 玄関 洗面所 廊下 駐車場 脱衣所 大工 塀 水廻り 水道 物置 トイレ 便所 雨樋 外部 内装 配管 張替え 張り替え ドア 交換 トタン ポスト エクステリア 外壁 塗り替え 塗替え 土間 車庫 DIY 打設 工事 作業 階段 バリアフリー 収納 インテリア 勝手口 リビング ダイニング 和室 台所 キッチン 刈り込み 剪定 伐採 アルミ メンテナンス 外回り 外構 基礎 サポート 雨 雪 風 庭 塗装 左官 見積もり 窓 スロープ 手すり フローリング CF ユニット 蛇口 サイディング シャワー コンクリート タイル ペンキ リフォーム カーポート ブロック 瓦 漆喰 フロアー コロニアル ポリカ ポリカーボネート ガルバ ガルバリウム ベランダ テラス モルタル セメント サッシ 雪止め フェンス スチール 門扉 アコーディオン ウォシュレット ストックヤード サンルーム ウッドデッキ雨漏り 雨戸 敷居 春 夏 秋 冬 除草 戸建 大家 借家 管理 カフェ 店舗 オーナー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月8月 9月 10月 11月 12月 GW 地震

プロの様に整地をするための感覚

「整地が出来ない、どうすれば平らになる?」って言う声をよく耳にする事があります。

簡単にですがシェアさせて下さい。

整地も前回の土間にコンクリートを流す要領で端や周りの高さを決めて、真ん中部分は最後に均しましょうと、お話ししたと思います。

地面の出っ張り部分は鍬や角スコップなどで削り、凹んでいる部分に入れる。

最後に球場などを整備するのに使うトンボを全面に掛ければベストです。

我々の場合は、平らな感覚が身体に染み込んでいるのでそこまではしません。

その代わりに「ある行動」を挟みながら作業を進めていきます。

それは、1度その場から離れて全体を見回します。

目の前作業に没頭し過ぎると全体像が見えて来ない。

作業を8、眺めるを2と、この割合を心がけて何度も繰り返し行って行くと、悪い部分が見えてくるし変化が見えて来ると思います。
twitter
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード