ほんの少しの意識の違いで仕上がりが全く違ってしまうのが匠の世界。現場で20年間培われた今すぐ使える最新のスキルを公開中。

物置きを組み立てる時の最重要ポイント

インターネットやホームセンター等で入手出来る鋼鉄製物置き

取り扱い説明書を熟読すれば間違う事はありませんし、仮に間違ったとしてもネジ留めですから、ネジを外してやり直し出来ます。

但し、足元がちゃんと平らになっていないとネジ穴が合わない、戸が閉まらないなどの不具合が発生します。

そこでスキルと言うか組み立てのポイントをシェアさせて下さい。

先ず下枠の前後左右のフレームを組んで、四つ角にブロックを横向に並べます。

ここで水平器を使って水平にしていくんですが、ポイントが1つ。

1番低い場所を基準に水平を合わせて下さい。

高い部分は地面を削って基準ブロックに合わせ、低い場所は土を盛って合わせます。

そこでブロックを据え置く前に必ずブロックで地面を叩いて締め固めて下さい。

土は雨で流されたり、霜で持ち上げられたりしますから、しっかり締め固めましょう。

ブロックの下に土がしっかり入る様に、棒やハンマーの柄を使って突きます。

四つ角全て水平になればOK。

残りのブロックはブロックを脇から差し込んで先程の要領で固定します。

ここで注意する事は、ブロックを後から差し込んでフレームに密着させる事だけに意識を集中させ過ぎてフレームを持ち上げてしまいます。

ある程度上物を組んで重みを掛けた状態で作業する事をオススメします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

牛龍 アキラ

Author:牛龍 アキラ
千葉から茨城でオンラインとオフラインを融合させて戸建中心にリノベーション工事をしています。
現場歴20年の集大成、今すぐ実践出来るスキルを噛み砕いて公開していきます。

目次
ランキングサイトの参加しています
Flashリバーシ
最新記事
カテゴリ
twitter
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード