ほんの少しの意識の違いで仕上がりが全く違ってしまうのが匠の世界。現場で20年間培われた今すぐ使える最新のスキルを公開中。

トタンの使い分けのポイント

波板トタンはホームセンターなどで手軽に購入出来る材料で、種類も色々あるので場所によって使い分けをお勧めしています。

本題に入る前のワンポイント

ナマコ(波板)トタンはネジや釘で固定すると(横に)伸びるんです。

なので、2~3枚張ったら常に(壁や屋根下地に対して水平垂直を)チェックして下さい。

1番ベストな張り出し方法は、1枚目で垂直や水平を差し金や水平器でチェックして2箇所ほど仮固定して、全て並べ終えてから一気に固定すると完璧です。

それでは、プロ並みに美しく波板トタンを張る方法その1は、

1枚目を仮固定して垂直水平を調節する。

その時にトタンに裏表があったり形が違う場合は、屋根の時の張り出しはトタンの脇が上を向いているモノを1枚目に使いましょう。

その2は、

2枚目以降は脇が下向きなら1枚目の上から山1.5~2.5個分被せて、上向きトタンの場合は山1.5~2.5差し込みます。

その3は、

上向きトタンと下向きトタンを交互に張っていく。

絶対下地が平らとは限りません。

全体を仮固定しない場合は2~3枚張ったらチェックして下さい。

その4は、

半端が入る時は最後から2番目を加工して切ったトタンが隠れるように張る。

次回ももう少しトタンについて書きます。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

牛龍 アキラ

Author:牛龍 アキラ
千葉から茨城でオンラインとオフラインを融合させて戸建中心にリノベーション工事をしています。
現場歴20年の集大成、今すぐ実践出来るスキルを噛み砕いて公開していきます。

目次
ランキングサイトの参加しています
Flashリバーシ
最新記事
カテゴリ
twitter
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード